久しぶりの更新ーわら灰の篩い滓
久しぶりの更新です。
3回目の今回は市販のわら灰の扱いについて。
自作のわら灰の場合は当然あく抜き、粉砕を行いますが
市販の場合、どこまでしてあるのか不明です。
結構微細粉になっているのでそのまま使えそうに思いますが
実は不純物を結構含んでいます。
c0074922_2294474.jpg


ご覧のように60目の篩いに粗い炭の滓と重い鉄粉が
残りました。
これを焼くと
c0074922_2333671.jpg

ご覧のようにわら灰の珪酸分とは思えない成分が
出てきます。
木灰成分と鉄が主体と思われます。
これをしっかり除去しないと釉薬が汚れてしまう可能性があります。
[PR]
by tyawanya | 2005-03-09 02:37 | 陶芸の技法ー釉薬
<< 黄瀬戸の丹磐 過去ログNo.2 >>