7点棒-続き
前回の7点棒の実用例。
c0074922_913465.jpg
轆轤でひいた皿に7点棒を当てて、当たりをつけます。
本当はロクロの上でやってしまいます。
c0074922_941630.jpg




ふちが乾いてきたら、かぶせて乾かします。
よくこのようにして乾燥させていると、教室の人に
「新作?変わった形やねえ?」といわれます。
c0074922_97630.jpg


少し落ち着いたら(僕が、では無い)
こんな道具で縁を切っていきます。
これは市販の剣先よりも切りやすい上に
両刃、片刃、自由自在に、安価で作れるので、以前は大量に作って教室の人に配っていました。




c0074922_9124187.jpg
これでご覧のように7角形にカット。






c0074922_9134164.jpg


縁を面取り













c0074922_915167.jpg



下も面取り








c0074922_9162291.jpg
スポンジで拭いた後皮で整えます。










c0074922_9182719.jpg


こんな道具で櫛目入れます。




c0074922_9201010.jpg

こんな風に・・・
この後見込みの部分に白化粧して釉がけして出来上がり。
続きは次回に。
[PR]
by tyawanya | 2005-04-15 09:43 | 陶芸の技法ーろくろ
<< 7角皿-削り 分割めもり >>