素焼きに化粧、釉薬がけ
今日もゴールデンウィークだというのに何も予定の無い我が家。
昼過ぎにちょっと子供の野球に付き合って、
帰ってから長男を助手に素焼きの皿に化粧がけと釉薬がけ。
昨夜窯出ししておいたに素焼き用の蝋石主成分の化粧を掛けます。
裏に撥水剤を塗って、長男が釉がけばさみで化粧にどぼん。
c0074922_20402169.jpgc0074922_2041253.jpg
c0074922_20423539.jpgc0074922_20424686.jpg




化粧がけしたところに触らないように注意しながら、ろくろにそっと・・・
僕が針で引っかきます。
c0074922_20445825.jpg




引っかいたあとにバリが出るのをこすって、吹き飛ばします。
吹きすぎて気分が悪いと長男が弱気なことを言うので、
文明の利器コンプレッサーの登場。
c0074922_2048373.jpgc0074922_20481344.jpg

このあと、僕が御深井釉みたいなのにつけて出来上がり。
c0074922_2049323.jpg

この腕は僕の手です。

これでようやく酸化用の窯に詰めるものが揃いました。

めったに手伝わせないので、これからはもっと手伝わせようかな?

これって、子育て日記の記事かなあ?

酸化の窯は本日深夜に点火。
同時に小窯で、DM用の井戸釉珈琲セット焼ます。
[PR]
by tyawanya | 2005-05-03 20:57 | 陶芸の技法
<< 窯出し 石膏削りのやすり >>