カテゴリ:陶芸の技法ー釉薬( 17 )
夏休みのお手伝いーその3
今日の手伝い

今日は朝から免許更新。
帰ってきてすぐに三男と学校の開放プール。

しっかり泳いできました。

そのあとみんなでまだ山のように残っている児童館の素焼きの仕分けとはたきがけ。
c0074922_2051919.jpg


みんなでさっさと終わらせてダイソーに靴下買いに行こうと餌をちらつかせ・・・・・

後姿は

c0074922_207109.jpg


ご質問のはたきがけとは・・・・・
削りかすや埃を叩き落とすのです。

特に体験教室では削りかすや作ったときの粘土かすがいっぱい付いているので
手間が掛かります。

餌があるとみんなよく働く。

このあとダイソーで靴下買って、金物センター見学。
焼印は一字のマル印で3800円。
特注も承ります、とのこと。

子供らに三木の地場産業の見学兼ねて金物をいろいろ見物。
なぜか手裏剣まで売ってました。
[PR]
by tyawanya | 2005-08-07 20:12 | 陶芸の技法ー釉薬
今日の手伝い
夏休みのお手伝い

先日は次男が釉薬掛けを手伝ってくれたが、今日は長男。
本当は朝から中学の野球部の練習があったのだが、
足と肩が痛いので休む、というので、昼食後お手伝い。

山のように釉薬がけを待っている体験教室の作品。

その中から特に急ぐものを選び、はたきがけ。

そして、施釉。

写真を撮ろうとしたらもう終わってしまっていて、画像が無し。
続けてやってもらおうとしたら
『小学校のプール開放に行ってくる』
おいおい、足と肩と痛かったんちゃうんか?

仕方なく?ひとりで続きを細々と仕上げた。

雷の音と夕立の気配と共に帰ってきた長男、
『続きは?』

終わってるよー。

でもまだまだ残りがあるから、頼りにしてまっせ。
[PR]
by tyawanya | 2005-08-07 01:11 | 陶芸の技法ー釉薬
夏休みのお手伝い
今日は先日行った子供らの通っている学校での土笛作りの釉薬掛け。
暇している次男の学年。

当事者ということで、お手伝い。
c0074922_237887.jpg
c0074922_2371614.jpg
c0074922_2372318.jpg
c0074922_237314.jpg




土笛は基本的には無釉。
破損したパーツをひっつけてあるものは施釉。

削ってあまった土で作った器。
釉薬は5種類。

土笛は焼しめでいいのですがちょっとサービスでワラを巻いて
緋ダスキ。
次の窯では緋ダスキと炭化もしてみようかな?


というわけで、今日は教室しながら熱い窯を窯だししてすぐに素焼きを詰めて
ただいま素焼き焼成中。

明日も仕事場アツそー。
[PR]
by tyawanya | 2005-08-04 23:11 | 陶芸の技法ー釉薬
糠白釉
民芸の窯場でよく使われている糠白釉。

yadukiさんのところにも登場。

僕の手元には『酒津堤窯』の調合が。
隻腕の陶芸家、 武内 晴二郎氏の窯場。

ここはclayさんのご近所では?

強糠白釉
  籾灰    6
  天草陶石 4
  土灰   10
  珪石    2

並糠白釉
  籾灰    5
  藁灰    1
  福島長石 4
  土灰    8
  珪石    2

弱糠白釉
  籾灰    1
  藁灰    5
  平津長石 4
  土灰    8
  珪石    2


これを見ると見事に陶石、長石の性質の違いや、
籾灰と藁灰の使い分けをしています。

参考まで。 
[PR]
by tyawanya | 2005-07-30 23:21 | 陶芸の技法ー釉薬
井戸茶碗のビワ色ー続き
お待たせしました。
後編です。

「と、ここまでは伝統的な萩のビワ色の出し方ですが、自分の窯や条件に合った
新しい色を探って、、いろいろ工夫するのもアマチュア陶芸の楽しみ方です。
そこで私がやっている「ビワ色もどき」の隠し技を、二つほどそっとお教えしましょう。

1)古信楽の細かめ赤土に、隠し味としてテラコッタ土を30%ほど混ぜた素地を作り、
その上から化粧土にもテラコッタ土少々を混入させたものを掛けて、素焼き、
釉掛け、本焼きとやって行きます。
釉薬は、土灰系の透明釉でOKです。

2)流行の赤御影土を、家庭用ミキサーでかき混ぜて40目のふるいを通し、
ポタージュ状の「赤どべ」を作ります。
これを素地に刷毛塗りし、半日ほど経ったら白化粧を掛け、素焼き、釉掛け、本焼きをします。
釉薬は1)と同じです。

1)2)共に、前述したとおり、途中を還元にした酸化焼成で、少し低温で焼成すれば、
夕焼け小焼けのような緋色が出てきます。
お試しください。

渡辺襄、 陶芸教室主宰、 東京都)



ああ、長かった。
疲れた。
くろべーさん、これでもうビワ色が出せるでしょう。

僕は明日庭のビワを食べよう。
[PR]
by tyawanya | 2005-06-26 00:18 | 陶芸の技法ー釉薬
井戸茶碗のびわ色
コメントの中でくろべーさんがびわ色求めて、不眠不休で日夜精進努力しているとのことで、
参考になりそうな記事が「作る陶磁郎」31号の最後に載っていたので、
著作権無視で無断転載。
責任はくろべーさんが取ってくれるそうなので。

「古美術の井戸茶碗のビワ色は、使い込まれて400年の年月が生んだ色だといわれていますが、
現在、萩で多く焼かれる井戸茶碗のビワ色は多種多様。
私はどちらかというと、強い調子の色が好みですので、素地の赤土度にはこだわります。

さてこのビワ色は、萩土に透明釉を掛けて酸化焼成すれば、すぐできます」と、
井戸茶碗の作家は簡単に言いますが、この酸化というのが曲者でしてネ。
例えば、織部は酸化で焼くといいながら、実際は、一度還元を掛けてから、
酸化に戻して色調を捕まえているでしょう。
それと同じで、このビワ色は、素地の鉄分が一度還元され、再び酸化に戻されたときに
生まれる色の一つだと考えています。

この色が出るためにまず重要なのは、素地に含まれる鉄分が3~4%ということ。
その上に黄色みのある萩土を化粧掛けして素焼きしたのち、1230度くらいで本焼きをします。
御本の窯変と同じで、化粧掛けがポイントです。
温度を上げすぎると白くなってしまうので要注意。

萩土といっても、単味の大道土もあれば、鉄分の多い見島土に大道土を混ぜた
赤系の萩土もあり、あるいは大道土に金峯土(みたけつち)を混ぜたものなど
種々あるので、土をお求めになるときは、材料店によく相談なさった方がよいと思います。

私は見島土に大道土をブレンドした萩土でボディを作り、
その上から大道土の単味で作った化粧土を生掛けして素焼きしたのち、
880~900度あたりで還元を掛け、1150度くらいで酸化に戻し、
1230度くらいで火を止めて冷まします。
余り焼き過ぎず、「甘いかな?」というくらいがよいようです。」


まず前半だけ。
[PR]
by tyawanya | 2005-06-26 00:01 | 陶芸の技法ー釉薬
色釉のテストーその2
次は単純に石灰透明釉に顔料を混ぜたもの。

c0074922_23131969.jpg


生地は貫入土(半磁器土)
なぜかRFのテストのみ。
上から5%、10%、20%の混入。

三福赤とか三福黄というのは、福沢工業の製品名。
結構いい発色してくれます。
アイデア溢れる窯も作っていて、良心的なメーカーです。

ついでに色化粧の色見本を。
これは教室、オヤジ用に作った色化粧。

化粧の基礎は蛙目粘土50:天草陶石50

色見本の上から無釉、水釉(透明釉を薄めたもの)、石灰透明釉になっています。

c0074922_2321418.jpg

c0074922_23215293.jpg


オヤジは更にこれらの化粧を混ぜたり、薄めたりして、オリジナルの化粧作って
県展や市展に出しています。
c0074922_23255516.jpgc0074922_23262820.jpg
c0074922_23272100.jpg

[PR]
by tyawanya | 2005-06-25 23:27 | 陶芸の技法ー釉薬
色釉のテスト
honeyさんの色釉のリクエストにお応えして。

まず基礎釉が透明釉の色釉。

最初は瑠璃釉。
テストピース左から
釜戸長石7:合成土灰3(基礎釉)
+酸化コバルト0.75%、酸化マンガン2.0%、酸化鉄2.5%
+合成土灰 3(全体で7:6)
+合成ワラ灰 2

1段目が白土OF、2段目は赤土RF、3段目は白土RF

c0074922_2214377.jpg


この釉薬は基礎釉の性質でよく流れたので、次は石灰透明釉。

テストピース左から、石灰透明釉の基礎釉に対して、

酸化コバルト0.5%、酸化マンガン1.5%、酸化鉄 2.0%
酸化コバルト0.6%、酸化マンガン1.5%、酸化鉄2.0%
酸化コバルト0.7%、酸化マンガン1.5%、酸化鉄2.0%
酸化コバルト0.385%、酸化マンガン0.825%、酸化鉄1.100%
酸化コバルト0.4%、酸化マンガン1.1%、酸化鉄1.1%

c0074922_22205844.jpg


次はクロムの緑釉。

わらばい系の乳濁釉を基礎釉に、
テストピース左から
酸化クロム2%、4%

石灰透明釉薬をはさんで

その右に酸化クロム 1.4%、 0.7%

c0074922_2225249.jpg


クロムついでにくろべーさんが言っていたクロムピンク釉
yadukiさんが反応しそうなタイトル。

テストピース、上から
福島長石25、鼠石灰10、炭酸バリウム10、朝鮮カオリン15、福島珪石35、
酸化クロム0.1、酸化錫3.0

+炭酸リチウム2.0
+酸化クロム0.2(全体で0.3)
+酸化錫3.0(全体で6.0)
+福島長石 5(全体で30)
+鼠石灰 5(全体で15)

c0074922_224751.jpg


テストピースは左から磁器土酸化、信楽特練B(白土)酸化、磁器土還元 です。

続いて、ピンクつながりで、陶試紅のテスト。
単体で酸化でも還元でもピンクに発色する顔料、陶試紅。
この顔料は発色しやすいけど、釉薬の下でしかきちんと融けてくれない頑固者。
沈殿すると更に頑固者。

科学的にはマンガンアルミナピンクというらしい。

テストピース左から
合成土灰50:天草陶石45:平津長石45:陶試紅24.4(基礎釉に対して16%)
+合成土灰50(全体で100、御深井釉)
+福島長石45

c0074922_22405772.jpg


これは最初のテストだけがピンクマット釉で有効。
スキャン画像ではピンクっぽく見えますが、ほとんど白い結晶によるマット釉。
2番目の釉薬には陶試紅の割合を増やしてやれば発色するかも。

まず、ここら辺で第1回色釉テスト公開を終了します。

またね。
[PR]
by tyawanya | 2005-06-25 22:43 | 陶芸の技法ー釉薬
井戸茶碗のかいらぎ
hashibamingさんのリクエストで、
ホームページに載っている井戸茶碗のかいらぎについて。

まず、井戸茶碗、って昔の朝鮮のどんぶりをお抹茶碗に見立てたものです。
だから素直な飯碗形です。
次にかいらぎとは?
まず画像を見てください。
c0074922_2029782.jpg

裏を見ると
c0074922_20292171.jpg

拡大したら
c0074922_20293077.jpg


釉薬のちじれがかいらぎです。

これは僕の知る限り日本独特の美意識で、
雨漏り手とあわせて、侘びさびの代表的な感覚だと思います。
本家の朝鮮でも、かいらぎなんて、釉薬がとけ切っていない、虫の卵がまとわり付いたようで
嫌っていたようです。

土は極端な言い方すれば、削って荒れる土なら何でもOK.
出来ればちりめん状の荒れ方がなお良いです。

荒れた上に釉薬がかかると、その部分だけ多少厚く掛かります。
また、ピンホール等も出やすいです。

その素地の上に、
土灰6:長石3:貝殻灰1の釉薬を掛け、とけ切る一歩手前で止めると
こんな風になります。
貝殻灰はこの比率では多すぎると思いますが、まったく無いと
やはりかいらぎは出にくいようです。

因みに僕の窯で1180度です。
また、長石も、もうひとつのブログで登場したN氏が言うには
福島長石はきれい過ぎて、釜戸長石のほうが侘びさびっぽくなるそうです。

井戸茶碗のびわ色求めるのに、ただいま素地の土の研究中です。

写真の土は、陶器質の荒い赤土です。
鉄分が多すぎたみたいです。

この茶碗はかいらぎが高台際のみならず、全身に出まくって、
ちょっと下品になってしまいました。
[PR]
by tyawanya | 2005-06-24 20:46 | 陶芸の技法ー釉薬
なすび
大分前の作品で、箸置きシリーズ

POTTER-Yさんのブログでお見かけした
ottoridoriさんのなすび兄弟をみて、
こんなのどうでしょう。
c0074922_2243420.jpg


一応型で量産できるようになっています。
一応河井寛次郎ゴスです。
[PR]
by tyawanya | 2005-06-23 02:25 | 陶芸の技法ー釉薬