カテゴリ:その他( 17 )
お休み
子供がパソコンで遊んでかな入力になってしまったので、ちょっとお休み。
[PR]
by tyawanya | 2005-07-02 20:22 | その他
「碗」展更に続き
先日の「碗」展の質問にお応えして。
価格調査に行ってまいりました。
(本日は当番だったので、ポットが進んでいません)

まず、一番リクエストが多かったしましまタタラは
c0074922_17720.jpg

3500円でした。
ついでに見込みはc0074922_183088.jpg

結構おしゃれでしょ。
タタラで作っても、それを隠そうとせず、逆にその特徴を生かしているところがかっこいい。
c0074922_1104013.jpgc0074922_1105160.jpg

こちらは楕円の碗。2500円。
チタン系?のマットな結晶釉使っています。
裏のサインがかっこいい。
昨年の湯飲みもよかったけど、今年は大幅イメチェン。
c0074922_1143484.jpg
c0074922_1144785.jpg

こちらは愛知の作家。
底に漆を塗って、アクセントと、机保護の両面狙い。2800円也。
なかなかかっこいい。
c0074922_1282762.jpgc0074922_137344.jpg

先日紹介した力作の裏。
3000円です。

c0074922_1401948.jpgc0074922_1173074.jpg
これは受け皿つきで5500円。
結晶のマット釉です。

c0074922_1191148.jpg

こちらは銀彩の裏表?
3500円也。
作者はつるつる頭のひげの僕が言うのもなんですが、恐そうな人。
確か奈良から来ていたはず。

インパクトの強いあの作品は
c0074922_1232992.jpg

20000円でした。

さて、今回の一番安値は、
c0074922_1243611.jpg

僕のでした。
毎回最安値記録更新していましたが、
今回は他に二人同じ1500円をつけていました。

安さで勝負の茶碗屋でした。
[PR]
by tyawanya | 2005-07-02 01:41 | その他
「碗」展つづき
昨日の「碗」展案内の補足。

最後に登場したきらきらピカピカ、現在東京でも同時進行中。

c0074922_10321258.jpg

京橋のSILVER SHELLというギャラリーで、「水無月のかたち」というタイトルで
6人のグループ展開催です。

6月21日~7月4日まで。

因みに「碗」展は、7月10日までやっています。

最終日は僕の窯場展の初日です。
[PR]
by tyawanya | 2005-06-29 10:36 | その他
碗展ーその一部紹介
本日神戸北野坂にあるギャラリー北野坂での「碗」展初日。
昼から当番で行ってきました。

samanthaさんのお気に入り、北野坂のかなり上り詰めた、ニシムラ珈琲のほぼむかえに
一歩入り込んだ、安藤忠雄設計の、ちょっとおしゃれなギャラリーに
頭の光った怪しげな男がいます。

僕です。

c0074922_22402635.jpg
c0074922_22403722.jpg

入り口の長いテーブルに目次代わりにそれぞれの作品が24個プロフィールと共に並んでいます。

僕の作品は前回の二人展と同じ物の持ち回りになってしまいました。

c0074922_22433420.jpg


全員で24名。
相変わらず当たり前の茶碗をべらべら並べているのは僕だけ。
本当は結構面白いものをつくってくる人が多いので、
負けないようなチャレンジしたかったのですが、気持ちだけから周り。

新作は窯場展まで、お待ちください。(誰も待っていない?)

c0074922_22472267.jpg


c0074922_2248284.jpg

彼の作品はたたら作りです。
昨年の湯飲みでも注目していましたが、今回も期待通り素敵な作品。
めちゃくちゃ軽いです。
薄作りの僕が重く見えてしまうほど。

c0074922_22502549.jpg

c0074922_2251234.jpg


なんか見たことがあるような・・・

でもおしゃれ。

c0074922_22521350.jpg

きれいに作ってます。
釉薬はマット。
すっきりしていて、清潔感がいい。

c0074922_22542535.jpg

彼女の作品は、生のときに撥水剤塗って掻き落として、ゴスを入れて焼いてあるのは
以前pakuちゃんがやっていたと思いますが、
ご丁寧にうちっかわから、高台まで、書き込んであります。
ご苦労様。
こんな注文が100個も来たら僕なら発狂します。

最後に今日随分話し込んだ彼女の作品。
c0074922_22582997.jpg
c0074922_2259078.jpg
c0074922_22592473.jpg


見ても異様。
半磁器土に色とりどりの釉薬、更に金彩。
僕の頭よりも光っています。
とっても手間も暇も材料もアイデアも掛かってます。

実物はもっとすごいです。

イヤー、刺激をたっぷりもらいました。
[PR]
by tyawanya | 2005-06-28 23:02 | その他
「碗」展搬入
本日午後から「碗」展搬入でした。
初日は火曜日から。
以前の二人展の相方、E氏も出品してます。
僕はさぼって、二人展のときと同じものしか出せませんでした。

画像は火曜日にUPします。

c0074922_055143.jpg




ぜんぜん話題が繋がりませんが、
薪窯の体験募集が載っていました。

[2374] 穴窯体験 参加者募集

投稿者:青年部 加藤

投稿日:2005/06/26 21:14:00
私たち駄知陶磁器工業組合青年部は、町のみなさんの協力を得まして
穴窯を作りました。そこでその穴窯を利用して「作陶・蒔きいれ体験」
イベントを行うことにしました。
2005年8月22日まで募集してますので宜しくお願いします。

申し込みはこちらから http://www.donburi.or.jp


中部地区で関心のある方はどうぞ。
[PR]
by tyawanya | 2005-06-27 00:57 | その他
Musical-baton
yuenchiさんからmusical-batonなるものが回ってきた。

困ったことに送り先が重なりそうなので、生真面目にもあわてて書き書き。

◆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

1.29GB

◆今聞いている曲

Tal Farlow "Interpretations Of Tal Farlow

◆最後に買ったCD

ベッシー・スミス(先日ダイソーで200円で買った)

◆よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

1)’Round About Midnight(Miles Davis)
2)Minor Swing(Django Reinhalt)
3)Tea For Two(Keiko Lee)
4)満月の夕(ソウルフラワーユニオン)
5)The Dock Of The Bay(Otis Redding)

◆バトンを渡すみなさま(5人)

tukinomusiさん
pakuちゃん

ギタリストSazukuさん

ふなやすさん
[PR]
by tyawanya | 2005-06-21 00:32 | その他
そろそろ次の投稿を・・・・
そろそろ皆さんのブログめぐりだけじゃなく、
次の投稿を考えているのですが、なかなかネタなし。

仕事はしてまっせ。
今日は教室だったけど、注文の三角鉢30個と七角皿20個、二十歳の助手に
手伝ってもらって、釉薬掛けたし、
以前のでかい箱にも、とうとう釉薬掛けました。
それらと教室の作品とを助手に手伝ってもらいながら窯詰め。

窯の特徴や、窯詰めの注意点なんか教えながら窯詰めすると
なんか新鮮。

でも、ブログねたが無い。
化粧の調合もしたけど、特に載せることも無し。

困ったなあ。
[PR]
by tyawanya | 2005-06-19 01:31 | その他