ロクロの回転方向
ロクロで製作するときの、回転方向について、ukkyさんのブログで盛り上がっています。
僕は瀬戸の訓練校でも、弟子入り先でも、時計回りで水挽き、削りでした。
窯は伊勢にありましたが師匠が信楽の人間なので、多分信楽もこの回転なのだと思います。

■削る時の回転は、正回転?逆回転?

確かに僕の教室にこられてる生徒さんも、最初に習ったところが小鹿田だったりオーストラリアだったりすると反時計回りで作られます。
神戸はたくさん陶芸教室がありますが、講師の先生が丹波立杭から来ている場合は
反時計回りで教えているようです。

本来陶芸の技術の伝承は窯場で師匠から弟子に伝えられたのでしょうが、
今は陶芸人口の大半は、芸術系大学の陶芸科出身か陶芸教室経験者、
もしくは窯業地各地に作られた訓練校系の専門校出身者が占めていると思います。
まれにまったく独学で、という方も居られるでしょう。
最近はこのようなブログやホームページでも技術の情報交換も盛んで、
ますます自分で学びやすくなってきています。

また、陶芸教室によっては講師自身に知識技術がなくても教室運営できるように
マニュアル化されたフランチャイズ教室まで登場しました。
陶芸の裾野が広がることは喜ばしいことですが、ときどき講師に不信感抱かれる教室の噂も耳にします。(実はぼくのところだったりして・・・)

本題に戻って、ロクロの回転や土もみ回転方向は、今まで四半世紀やっていた限り、
どちらでもいいと思います。
今から始める方は、反時計回転のほうが右手を製作に使えるのでお勧めかも?
c0074922_20583048.jpg

[PR]
by tyawanya | 2005-03-31 20:57 | 陶芸の技法ーろくろ
<< ロクロ回転ー続編 道具の値段 >>